掃除が趣味という奥さん

趣味はなんでもお金がかかるもの?

結婚した奥さんの趣味が「料理」「掃除」「育児」などであったらそれは本当に良い奥さんかもしれませんね。そのもが趣味というわけではなく、いろいろなおいしい料理を食べさせることが好き、いつもきれいに整っていてゴミもない環境が好き、子ども成長を何よりも楽しみにしていて片時も離れずに見守っていたい。そういう意識があるせいだと思います。

とは言え、趣味と名がつけばそれなりに扱う道具にもお金がかかるようになってきます。突き詰めれば突き詰めるほど、こだわりの道具を欲しがる感じでしょうか・・。

趣味の道具にこだわる

例えば料理であれば、それこそ切れ味の良い扱いやすい包丁のセットから始まり、さまざまな調理補助器具であるオーブンや炊飯器などにこだわるようになります。もちろん食器やシルバーなど、料理を飾る器も大切なアイテムです。そして最終的には機能的で広いキッチンが欲しいとなってくるわけです。いまは大きなアイランドキッチンが欲しいようです。

掃除であれば、究極は全自動だと思いますが、まだまだルンバなどの自動ロボット掃除機では日本の家庭事情に万全に対応しているとはいえません。なので一般的な掃除機であれば、扱いやすくコンパクトで、とにかくゴミを逃さない吸引力が強い掃除機を求めているようです。ちなみにルンバの価格比較なら、ホームページで一覧表が作られていたりするのでとても便利です。

こういった要望にマッチするのはダイソンのサイクロン掃除機なのですが、少々高いので価格が下がらないか様子を見ていました。そうしたところ、なんと日本製で素晴らしい掃除機が登場し、思わず飛びついてしまいました。シャープのEC-CT12-Cというサイクロン掃除機ですが、とにかくコンパクトで小回りがきいて吸引力が強くてとても気に入っているようです。

やはり、家電は家庭事情にきちんとマッチしたものが最終的に買われるのだろうと思いました。もちろんそれなりに価格が抑えられていたほうがより良いですね。


since2005Copyright © 趣味はじめました