免許があれば楽しめる趣味

移動手段なだけではない車

ミニバンや軽が流行している最近の車社会では、車は足であったり他の人を載せて移動するだけの手段であるかもしれません。

しかし10年~20年くらい前の新車ラインナップというと、セダンとクーペの比率が現在より非常に大きく、特にクーペは若者や車好きから大人気でした。

公共の交通事情が良くったりガソリンの高騰や流行が変わって新車のラインナップは変わりましたが、ドライブの楽しみは以前と何も変わっていないのです。

ハンドルを切った時の横Gやアクセルを踏んだ時の加速のレスポンス、初めて買った車を運転した時の感動というのは誰しも覚えているものではないでしょうか。

速度を上げることではなく、たとえば曲がりくねった道の続く山道であったり、たとえば絶景の渓谷であったり、たとえばきれいな夜景の首都高だったり、ドライブで味わえる感動はいろんな場所に存在します。

もちろん、くれぐれも安全運転で・・・。特に高速道路でのスピードの出し過ぎや、地方に出かけた時の見通しの良い幹線道路などには注意が必要です。オービスや通称ネズミ捕りの餌食(笑)にならないように、日頃から安全運転を心がけましょう。

実はこういう経験をしたことがあります。深夜の高速道路を時速◯◯◯km/hで走っていたら、後ろからあやしい車が付かず離れずで走っている・・ので、念のためスピードを制限速度に落とし走行車線によけた所、何とGT-Rのパトカーが追いついてきたのです。そして間髪入れず「キミ!スピード出しすぎだよ」とスピーカーから声をかけられました。あの時は本当に自分の直感を褒めてやりたいと思いました(笑)。いまではかなり高機能なユピテル(YUPITERU)のレーダー探知機GWR73sdも売っているので、心配な人はそういう機械を購入するのも良いかもしれません。

また、自動車を新たに買おうと思った時、新車ならまずはディーラーに向かうと思います。しかし、いきなりディーラーに向かっても、何の情報もない状態では決して良い結果にはならないと思います。車に詳し人をつかまえて情報を聞き出すなどする必要があります。もしくはインターネットで新車の値引き情報やいろいろなスペックを比較検討してみるのも良いかと思います。

ツーリングは寄り道も目的のうち

車と違い、大きな荷物や同時に何人も乗せたりできませんし、雨だと苦労しますが、360度の視界で風を切って疾走するバイクは独特の爽快感があります。

一緒には乗れないものの、仲のいい仲間とのツーリングでは一体感もありますし、ちょっと興味をひかれる場所にも気楽に寄れるのはバイクの特権でしょう。

車とくらべるとまだまだ取得率は低い免許ですので、これからとることになるというケースもあるかもしれませんが、また違った行動範囲になることは間違いありません。

こちらも車と同様ですが、交通ルール・マナーを守って安全運転を心がけましょう。


since2005Copyright © 趣味はじめました